Loading...
19/02/06 パッチ9.3
Twitter

🤗 朗報

19/10/13
LoLの旧実行ファイルのショートカットリンク先に以下の文字列を追加することで日本語・英語でプレイできるようになってました。 5戦程プレイしましたが今の所不都合ありません。

😥 悲報

19/06/01
パッチ9.11からRADSフォルダが消滅するようになった?ようなのでこのやり方・このツールではもう日本語化できません。どこかでやり方を見つけたら更新しておきます。
一部の環境ではRADSフォルダが消滅しないのでまだできるとかどうとか

JP/NAクライアントのsystem.yamlを選択してください

更新履歴

18/10/14
日本語化・英語化どちらを選んでもavailable_locales:にja_JPとen_USの両方を追加するように変更

使い方

KRクライアントは必要ありません。JP/NAクライアントのオセアニア鯖の接続先を韓国鯖に書き換えることで日本語/英語でプレイできます。KRクライアントを日本語/英語化するわけではありません。

  1. JP/NAクライアントを起動し、地域 / 言語をOceania / English (オセアニア)に変更して、ログイン画面でアップデートが行われない最新の状態してから終了する
  2. (JPNApass)\RADS\projects\league_client\releases\(x.x.x.xxx)\deploy\system.yamlのバックアップをとり、ここにアップロードする
  3. 日本語化か英語化を選択し、作成ボタンを押す
  4. 作成されたsystem.yamlをダウンロードし、(JPNApass)\RADS\projects\league_client\releases\(x.x.x.xxx)\deployに入れて上書きする
  5. (日本語) JP/NAクライアントを起動し、Region/LanguageをOceania / 日本語に変更してログインする
    (英語) JP/NAクライアントを起動し、Region/LanguageをOceania / Englishから変更せずログインする

(JPNApass)は通常 C:\Riot Games\League of Legends
(x.x.x.xxx)は数字とコンマで構成されるフォルダであり、複数存在する場合はそのうちの最大の数字のものを指す
例:0.0.0.150 と 0.0.0.151があれば 0.0.0.151を指す

パッチ9.3 KRクライアントのsystem.yamlを元に書き換えています。当ツールで作成したsystem.yamlでは起動できなくなるか不都合が生じた場合は以下の記事を元に手動で書き換えて下さい。

LoL (パッチ8.18) 韓国鯖を日本語/英語でプレイする方法&日本鯖を英語で、北米鯖を日本語でプレイする方法 | Aggregator

その他の注意点等もこの記事を参考にして下さい。

何らかの損害が出ても一切責任はとりませんので、自己責任でお願いします。

keyboard_arrow_up